おりものが多くて悩んでいる方へ

子宮膣部ビランの治療

まず、おりもの検査・トリコモナス・クラミジア・淋菌・カンジダ・パピローマウィルス(HPV)・子宮頚癌の検査(細胞診)等を行います。

この中でほとんどの病気は飲み薬や膣錠で治りますが、いろんな菌によって傷ついた子宮膣部(子宮の入り口)のビラン(表面がむけた状態)によるおりものはほとんど治すことが困難でした。

しかし、今は高周波の電気による焼灼でほとんどおりものが出なくなります。パピローマウィルスが消えることもあります。

少し熱いので麻酔をかける方がほとんどです。
一応、念のため、3時間診療所で休んでから帰っていただきます。
高周波治療は保険適用になっていませんので、30,000円(税別)がかかります。ご相談下さい。

PAGE TOP Page Top